学部情報 | ソーシャルシステムデザイン | 叡啓大学の留学情報 | JPSS

学部情報 | ソーシャルシステムデザイン | 叡啓大学の留学情報 | JPSS

facebooktwitter
スカウト機能で合格したら奨学金のチャンス

> > > ソーシャルシステムデザイン

叡啓大学への留学をご検討されている方へ。JAPAN STUDY SUPPORTは、公益財団法人アジア学生文化協会と株式会社ベネッセコーポレーションが共同運営している外国人留学生向け日本留学情報サイトです。叡啓大学のソーシャルシステムデザイン学部等、学部別の詳細情報も掲載していますので、叡啓大学に関する留学情報をお探しの方は是非ご利用下さい。その他、外国人留学生募集をしている約1,300校の大学・大学院・短大・専門学校情報も掲載しています。

大学 広島県  / 公立

叡啓大学 | Eikei University of Hiroshima

大学案内ダウンロード
お問い合わせ
  • ソーシャルシステムデザイン

ソーシャルシステムデザイン

The application guideline (September 2021 entry, 3rd Window) is now available on our website.
Please check them to learn more about opportunities at Eikei University of Hiroshima!

(Period for online application and uploading application documents)
Monday, May 10, 2021, 9:00 - Friday, May 21, 2021, 17:00
(Period for submitting mail-in application documents)
Friday, May 21, 2021
*All mail-in application documents must be received by the university by May 21, 2021.

https://www.eikei.ac.jp/english/admissions/outline/a_international.html

<< Eikei University of Hiroshima (EUH) is...>>
■A brand-new public university for fostering cadres of:
・Future leaders contributing to communities locally and globally
・People who respond to challenges with fundamental intelligence
・Young generations who are able to maneuver uncertain future
■Bachelor’s degree offered in English (Classes are offered in Japanese and English)
The Japanese Language Proficiency Test is not required.
■Curriculum to equip students with skills and competencies to design new social systems.
■Focus on practical and experiential learning to make students ready for the real world.
■An urban campus - located in the heart of Hiroshima City
■Economically attractive. The university plans to offer tuition waivers for international students by up to half when students meet the criteria for financial conditions and academic performance.

Be the founding students of Eikei University of Hiroshima!
We look forward to your application.

  • 入試情報
  • 学部情報
  • 学生生活サポート
  • 施設案内
  • アクセス

学部情報

知識・スキルの「修得」と学内・学外での「実践」

SDGsを意識したリベラルアーツ教育により,知識・スキルの「修得」を目指します。また,PBLや体験・実践プログラムを通じた学内・学外での「実践」に取り組むことで、実社会の課題解決に必要となる資質・能力を養います。

SDGsを意識したリベラルアーツ(知識・スキルの「修得」)

本学では、SDGs(国連サミットで採択された、持続可能な開発のための国際目標)を意識して、17のゴールを国連が分類した5つのP「Peace(平和)」「Partnership(共創)」「People(人間)」「Prosperity(繁栄)」「Planet(地球)を学びの軸としています。
特に、「People(人間)」「Prosperity(繁栄)」「Planet(地球)」をベースとして、「アイデンティティデザイン(人文学関係)」「ビジネスデザイン(経済学関係)」「エコシステムデザイン(理学関係 (環境学部分))」という3つの視点を設定し、学生の興味に応じてテーマに沿った内容を学ぶことができます。
【修得する知識】
・多文化共生社会で人々の多様性を尊重する仕組みなど社会課題に関する知識
・グローバル化する経済・社会の仕組みや産業、技術発展などに関する知識
・自然と共存しながら発展するための環境保全や生物多様性などに関する知識
・思考・判断の基盤となる知識
また、デジタルリテラシー(ICT,データサイエンス等)、ロジカルシンキング、システム思考など、今後の社会で必要と考えられるスキルの修得も目指します。

実社会のリアルな課題に挑む課題解決演習(PBL) (学内・学外での「実践」)

課題解決演習(PBL)をカリキュラムに導入します。1年次は「課題解決入門」でPBLを体験し、学修が必要な知識やスキルを自覚します。2・3年次には、企業等から提供された課題の原因を探求し、解決策の提案まで行う演習に複数回取り組み、課題設定と実践的な課題解決能力、他者と協働するために必要な力、やり抜く力などを養います。

多彩な可能性を広げる体験・実践プログラム(学内・学外での「実践」)

提携している企業・国際機関などとともに、主に国内で一定期間、インターンシップやボランティア活動に取り組むプログラムを設定するほか、希望者は短期プログラムや交換留学に挑戦することもできます。
学生は、各自の興味・関心に応じたプログラムを複数回経験することができます。

SDGsを意識したリベラルアーツ

SDGsを意識したリベラルアーツ

学科一覧

ソーシャルシステムデザイン学科

最近見た学校の一覧


最近見た学校の一覧

学校を探す