学部情報 | 法 | 武蔵野大学の留学情報 | JPSS

学部情報 | 法 | 武蔵野大学の留学情報 | JPSS

facebooktwitter

> > >

武蔵野大学への留学をご検討されている方へ。JAPAN STUDY SUPPORTは、公益財団法人アジア学生文化協会と株式会社ベネッセコーポレーションが共同運営している外国人留学生向け日本留学情報サイトです。武蔵野大学のグローバル学部や経済学部や文学部や人間科学部や法学部や工学部等、学部別の詳細情報も掲載していますので、武蔵野大学に関する留学情報をお探しの方は是非ご利用下さい。その他、外国人留学生募集をしている約1,300校の大学・大学院・短大・専門学校情報も掲載しています。

大学 東京都  / 私立

武蔵野大学 | Musashino University

大学案内ダウンロード

願書ダウンロード

【武蔵野大学】武蔵野大学とセサミストリートのコラボがはじまりました!

セサミストリートのテレビ番組は親しみやすいキャラクターを通して、世界で起きている社会問題を自分の問題として捉えるきっかけをつくっています。この教育プログラムは、“ 感性を磨いて世界の喜びや痛みを感じ取り、さまざまな社会問題を多様な視点で捉え、世界の幸せをカタチにする。”という武蔵野大学のメッセージと共通していることから、ここにセサミストリートとのコラボレーションが実現しました。

  • 入試情報
  • 学部情報
  • 学生生活サポート
  • 施設案内
  • アクセス

学部情報

共生の視点を持ちつつ、他者と幸福を共有できる、社会を牽引する人材を育成

法律学科では、民事基本法を中心にして憲法その他の科目を配置した4学期制対応の意欲的なカリキュラムで学び、グローバル企業で活躍できる能力を育成、政治学科では、選挙、地方自治、国際政治などを学び、留学機会を確保したカリキュラムで、NGO法人や国際機関など国際的な舞台で活躍できる能力を育成します。

法学部、ここが違う!

■「ビジネス法務」を勉強し、母国と日本の取引などの掛け橋になる
企業のM&A(合併・買収)や特許取得に関する業務、トラブルへの対応などはもちろん、商品の売買や従業員の雇用など、ビジネス分野に不可欠な法律知識を勉強し、法務感覚を身に付け、将来、母国と日本の取引などの掛け橋になる人材を育成します。

■日本企業を訪問し実践を学ぶ「企業エクスターンシップ」
多くの優良企業が集まる有明キャンパスの地の利を存分に活かし、法律事務所、商社、金融、報道関係の企業や、官公庁やNGO・NPO法人などで実務体験を行います。身に付けた知識を社会で役立てるには何を実践すべきなのか、思考する貴重な経験となります。

■専門家による授業で各分野の最新事例を学べる
法律学科では弁護士など法律の専門家によるガイダンス授業、政治学科では元県知事をはじめ、経験豊かな教授陣が政治の本質に迫る実践的な講義を展開します。実際の仕事内容や各分野の最新事例などを専門家から直接学ぶことができます。

法律学科の授業風景

法律学科の授業風景

法律を使いこなして、法律のエキスパートを目指してください。(法学部長 池田眞朗教授)

法律を使いこなして、法律のエキスパートを目指してください。(法学部長 池田眞朗教授)

50時間程度の「企業エクスターンシップ」。企業だけではなく、官公庁やNPO・NGO法人などで産官学連携の実務を体験できます。

50時間程度の「企業エクスターンシップ」。企業だけではなく、官公庁やNPO・NGO法人などで産官学連携の実務を体験できます。

学科一覧

法律学科
民法を中心に企業法務、国際法務を学び、ビジネスの場で活躍できる力を身に付ける実践的な授業

法律学科は、資格試験を受けるための学びだけでなく、社会意識を持った人材を育成するため、民事基本法を中心に「会社法」や「IT関係法」など企業法務を学び、「企業エクスターンシップ」を体験することで、「ビジネス法務」感覚を身に付け、母国と日本の取引の掛け橋になる人材の育成を目指しています。
これからの社会で必要なコミュニケーション力、論理的思考力、プレゼンテーション力などを磨き、国際人として「一歩踏み出す力」を育成します。

■将来イメージ
大企業、金融機関、優良中堅企業、ベンチャー企業、貿易業、流通業、知的財産やIT関係の起業家 など

政治学科
身近な地域社会から日本や世界各国の政治制度や政治事情を深く学び、公共精神と共生の視点をもったエキスパートを育成する

政治学科は、自分の住んでいる地域、そして国の土台を自分が支えるという志を持って、国際社会、地域社会における秩序の形成者、担い手を育成します。
基礎科目における「国際政治学」に始まり、国際政治関連科目を数多く設置しています。政治学の知識を実際の社会に応用するために、長期休暇を中心とした50時間程度の「企業エクスターンシップ」で実務を体験できます。

■将来イメージ
大企業、金融機関、優良中堅企業、ベンチャー企業、NGO・NPO法人職員、新聞・報道機関等のマスメディア(特に政治担当記者)など

最近見た学校の一覧


最近見た学校の一覧

学校を探す

先輩のメッセージ

日本留学の魅力をひと言お願いします!