生活ヒント ごみの出し方、捨て方 | 留学情報サイトJPSS

生活ヒント ごみの出し方、捨て方 | 留学情報サイトJPSS

facebooktwitter

> > > > ごみの出し方、捨て方

留学生生活案内

生活ヒント

生活の中で起こる些細な摩擦。その積み重ねが、やがて大きなトラブルになっていきます。気がついても、はっきり言わない日本人にも問題はあります。しかし、日常生活のちょっとした事に、相手の立場に立って注意を払えば、留学生活でのストレスは随分解消されるものなのです。

ごみの出し方、捨て方

「ゴミなんてどうやって捨てても同じ。」と思っている人はいませんか?日本の各地域では家庭から出されるごみは、すべて決められた方式で分け、決められた日時に、決められた場所に置かなければゴミ収集車が集めてくれません。この方式を守ることが、日本で生活する第一歩です。

ゴミの分別(例-東京都の場合)

(可燃ゴミ)・・・ (魚・野菜などの台所のクズ、紙、衣類、生理用品、たばこの吸殻など)東京都の場合は推奨の半透明ポリ袋(炭酸カルシウム入り)に入れ口元を縛り、臭いが洩れないようにします。ポリバケツで出す場合には、ゴミ回収後に早く引き取る必要があります。
(不燃ゴミ)・・・ (焼却に適さないゴミ。プラスティック類、金属、ガラス、陶磁器、ゴム、皮、刃物、針、電球や蛍光灯など)危険のないものは、中身が識別できる透明度の高い袋に入れて出します。針はびんや缶に入れて蓋をし、電球などは紙に包んで「危険」と書いて下さい。スプレー缶、卓上ガスボンベは爆発の恐れがあるので錐や釘で穴を空けてから出して下さい。
(粗大ゴミ)・・・ (家具、電気製品、自転車など)大きな物の回収は有料で、申し込み制です。電話で清掃事務所に収集を申し込んで下さい。帰国や転居で大量のゴミが出る場合は、早めに連絡して下さい。

ゴミを出す曜日

分別したゴミを出す曜日・時間や場所は、地区によって異なります。可燃ゴミは1週間に2回くらい、不燃ゴミは一週間に1回の回収が普通です。

PageTop

<< Back  |  Index Page  |  Next >>

奨学金案内