国際教養 | 創価大学の留学情報 | JPSS

国際教養 | 創価大学の留学情報 | JPSS

facebooktwitter

> > > 国際教養

創価大学への留学をご検討されている方へ。JAPAN STUDY SUPPORTは、公益財団法人アジア学生文化協会と株式会社ベネッセコーポレーションが共同運営している外国人留学生向け日本留学情報サイトです。創価大学の経済学部や経営学部や法学部や文学部や教育学部や理工学部や国際教養学部等、学部別の詳細情報も掲載していますので、創価大学に関する留学情報をお探しの方は是非ご利用下さい。その他、外国人留学生募集をしている約1,300校の大学・大学院・短大・専門学校情報も掲載しています。

大学 東京都 / 私立

創価大学 | Soka University

国際教養

  • 入試情報
  • 学部情報
  • 学生生活サポート
  • 施設案内
  • アクセス
郵便番号 192-8577
お問い合わせ先住所 八王子市丹木町1-236
お問い合わせ先部署 国際部国際課
電話番号 042-691-8230
ファックス番号 042-691-9456
学部の特色 英語のみで学位を取得できる
留学生特別選抜 留学生特別選抜あり
募集定員 若干名 (2016年度)
受験者数 24人 (2015年度)
合格者数 13人 (2015年度)
出願料 ¥20,000 (2016年度)
入学金 ¥246,000 (2016年度)
授業料/年 ¥910,000 (2016年度)
諸費用 ¥283,000 (2016年度)
学科 国際教養
願書配布時期 随時
願書請求方法 来校無料配布、電話で請求(願書代金および送料は無料)、FAXで請求(願書代金および送料は無料)、E-mailで請求(願書代金および送料は無料)
入学年月(春期) 2017年4月入学
出願区分 学部外国人学生入学試験Ⅰ型(書類選考)-前期日程
出願期間開始日 2016年3月15日
出願期間終了日 2016年4月15日
合格発表日 2016年5月
渡日前手続き-海外からの直接出願
渡日前手続き-受験のための来日 不要
大学独自 試験科目 書類審査
英語試験 受験者はTOEFL-iBT, IELTS(アカデミック・モジュール)のなかから最低1つ取得点数結果を提出すること。なお、テスト結果は申請時(消印日)からさかのぼって2年以内のものとする。なお英語能力証明書は原本を提出すること。
備考 ■高校時の成績表
学業成績表は、米国の成績基準で明示されなければならない。もし出願者の在籍した高校が米国にあるか、または成績評価が米国の基準に沿っている場合のみ、成績表の原本を直接、大学に送付することができる。また、在籍した高校の成績表が米国の成績評価基準によらない場合、高校在籍時の成績表を、出願者本人がInternational Education Research Foundation (IERF)を通じて、米国の成績評価基準のグレードに変換したDetail Reportとその成績表の原本を併せて本学に提出しなければならない。(詳細は以下のリンクを参照のこと。)なお本過程を経ずに提出された成績証明書や、Mid-year Report中間報告書等は受け付けない。
なお、IERFでのDetail Reportの発行手続きのために、原本の提出が遅れる場合は、その旨申し出ること。
International Education Research Foundation (IERF)のリンク
○IERF http://www.ierf.org/
○IERF Interactive Guide http://ierf.org/interactive-tool/index.html

■各国で実施する統一試験
出願に当たっては、統一試験が実施されている国の出願者であれば、そのスコアを示した書類の原本を提出すること。当該国の統一試験のリストについては下記のリンクより、募集要項を参照すること。また、その他の大学入学資格を証明する書類があれば、それらを提出すること。もし証明書が英語にて記載されていない場合は、証明書の原本とともに公的に認められた英語訳を提出すること。統一試験が実施されていない国からの出願者であれば、統一試験の結果の提出義務はない。

http://fila.soka.ac.jp/en/admissions.html

その他、必要提出書類は、募集要項をご参照ください。
入学年月(春期) 2017年4月入学
出願区分 学部外国人学生入学試験Ⅰ型(書類選考)-後期日程
出願期間開始日 2016年9月15日
出願期間終了日 2016年10月15日
合格発表日 2016年12月
渡日前手続き-海外からの直接出願
渡日前手続き-受験のための来日 不要
大学独自 試験科目 書類審査
英語試験 受験者はTOEFL-iBT, IELTS(アカデミック・モジュール)のなかから最低1つ取得点数結果を提出すること。なお、テスト結果は申請時(消印日)からさかのぼって2年以内のものとする。なお英語能力証明書は原本を提出すること。
備考 ■高校時の成績表
学業成績表は、米国の成績基準で明示されなければならない。もし出願者の在籍した高校が米国にあるか、または成績評価が米国の基準に沿っている場合のみ、成績表の原本を直接、大学に送付することができる。また、在籍した高校の成績表が米国の成績評価基準によらない場合、高校在籍時の成績表を、出願者本人がInternational Education Research Foundation (IERF)を通じて、米国の成績評価基準のグレードに変換したDetail Reportとその成績表の原本を併せて本学に提出しなければならない。(詳細は以下のリンクを参照のこと。)なお本過程を経ずに提出された成績証明書や、Mid-year Report中間報告書等は受け付けない。
なお、IERFでのDetail Reportの発行手続きのために、原本の提出が遅れる場合は、その旨申し出ること。
International Education Research Foundation (IERF)のリンク
○IERF http://www.ierf.org/
○IERF Interactive Guide http://ierf.org/interactive-tool/index.html

■各国で実施する統一試験
出願に当たっては、統一試験が実施されている国の出願者であれば、そのスコアを示した書類の原本を提出すること。当該国の統一試験のリストについては下記のリンクより、募集要項を参照すること。また、その他の大学入学資格を証明する書類があれば、それらを提出すること。もし証明書が英語にて記載されていない場合は、証明書の原本とともに公的に認められた英語訳を提出すること。統一試験が実施されていない国からの出願者であれば、統一試験の結果の提出義務はない。

http://fila.soka.ac.jp/en/admissions.html

その他、必要提出書類は、募集要項をご参照ください。

最終更新日: 2017年03月16日

ホームページ

最近見た学校の一覧

最近見た学校の一覧

学校を探す