施設案内 | 医 | 国際医療福祉大学の留学情報 | JPSS

施設案内 | 医 | 国際医療福祉大学の留学情報 | JPSS

facebooktwitter
スカウト機能で合格したら奨学金のチャンス

> > >

国際医療福祉大学への留学をご検討されている方へ。JAPAN STUDY SUPPORTは、公益財団法人アジア学生文化協会と株式会社ベネッセコーポレーションが共同運営している外国人留学生向け日本留学情報サイトです。国際医療福祉大学の医学部や保健医療学部や医療福祉学部や薬学部や福岡保健医療学部や小田原保健医療学部や福岡看護学部や留学生別科学部や成田看護学部や成田保健医療学部や赤坂心理・医療福祉マネジメント学部等、学部別の詳細情報も掲載していますので、国際医療福祉大学に関する留学情報をお探しの方は是非ご利用下さい。その他、外国人留学生募集をしている約1,300校の大学・大学院・短大・専門学校情報も掲載しています。

大学 栃木県, 千葉県  / 私立

国際医療福祉大学 | International University of Health and Welfare

大学案内ダウンロード

学部案内ダウンロード

【第2回医学部 留学生特別選抜入試】 11/5(火)より出願開始

2019年11月5日(火)より第2回医学部「留学生特別選抜入試」、「帰国生および外国人学校卒業生特別選抜入試」の出願受付を開始します。

第2回医学部「留学生特別選抜入試」
・出願期間 2019年11月5日(火)~2019年11月18日(月)[必着]
・一次選考 2019年11月30日(土) ※合格発表2019年12月6日(金)
・二次選考 2019年12月14日(土) ※合格発表2019年12月19日(木)

出願締切は2019年11月18日(月)[必着]です。

出願の前に2020年度医学部募集要項を必ずご確認ください。
https://narita.iuhw.ac.jp/gakubu/igakubu/admission/download.html

お問い合わせはこちら
admission@iuhw.ac.jp

  • 入試情報
  • 学部情報
  • 学生生活サポート
  • 施設案内
  • アクセス

施設案内

臨床実習施設

医療の専門スキルを身につけるうえで、医療現場で学ぶ臨床実習の環境が充実していることは重要です。
5つの附属病院や豊富な臨床医学研究センターを持つ本学は、教育と医療の現場が連携して学生の臨床実習をサポートします。
2020年には、本院として国際的なハブ病院をめざす、国際医療福祉大学成田病院を開設します。

附属病院:
・国際医療福祉大学病院(栃木県那須塩原市)
・国際医療福祉大学塩谷病院(栃木県矢板市)
・国際医療福祉大学市川病院(千葉県市川市)
・国際医療福祉大学三田病院(東京都港区)
・国際医療福祉大学熱海病院(静岡県熱海市)

主な臨床医学研究センター:
山王病院/山王バースセンター

2020年春、6つ目の附属病院・国際医療福祉大学成田病院が国際的なハブ病院めざして開院

・最新医療機器と充実したアメニティを備え、地元との連携をはかりながら地域医療で一定の役割を果たすとともに、東南アジアを中心に海外とのネットワークの拠点となり、国内外の患者へ最先端の医療を提供する「世界基準のハブ病院」をめざします。
・海外の大学、医療機関との連携拠点となる「国際遠隔診断センター」や「感染症国際研究センター」、最新鋭の医療機器を導入した放射線部門や20室の手術室を整備します。
・10か国語に対応できる体制を整え、各国料理の提供や宗教関連スペースを整備するなど、さまざまな文化を持つ方に利用していただけることをめざします。
・日本最大級の人間ドックセンターを備えた予防医学健診センターや、プールやフィットネススタジオなどを備えた健康増進センターを設置する予定です。
・病院職員宿舎2棟(約370戸)や児童を対象とした事業所内保育所(約30名収容)を設置します。
・国際医療福祉大学三田病院(東京都港区)や国際医療福祉大学の臨床医学研究セン ターである山王病院(東京都港区)と連携しながら、2020年の東京オリンピック・パラリンピックも見据え、成田ならではの質の高い医療とサービスの提供をめざします。

● 病床数:642床
● 敷地面積:159,605.65㎡
● 延床面積:123,770.68㎡(病院棟(地上8階)・健診棟、教育研修センター、職員宿舎2棟など)(病院棟8階建て、健診棟4階建て)

成田シミュレーションセンター SCOPE(Simulation Center for Outstanding Professional Education)

世界最大級5,338m2のシミュレーションセンター。
コンピューター制御のシミュレーターと、ネットワーク化された撮影・録画・視聴システムを導入しました。例えば、次のような学修モデルを想定しています。
・指導者はある状況を設定した救急患者シミュレーターに対応するよう学生に指示する。
・学生は患者シミュレーターを診察して情報を集め、状況を判断し、処置を行う。
・指導者は学生の処置内容に合わせてシミュレーターの状況を変更し、更に対応を指示する。
・学生の情報収集、判断、処置が適切であれば、指導者は患者の状況を改善させ、不適切であれば悪化させる。
患者シミュレーターの診察開始から一定の状況変化まで、学生の行動と処置内容は、ビデオカメラで撮影された動画と、コンピューター制御の患者シミュレーターのセンサーの情報との形で、経時的に記録されます。学生は、指導者による助言とともに、これらの記録を振り返ることで、救急患者への適切な対応について学ぶことができるというシステムです。

国際医療福祉大学三田病院

国際医療福祉大学成田病院外観(イメージ)

SCOPE(Simulation Center for Outstanding Professional Education)

最近見た学校の一覧


最近見た学校の一覧

学校を探す