研究科情報 | イノベーション・マネジメント研究科 | 法政大学(大学院)の留学情報 | JPSS

研究科情報 | イノベーション・マネジメント研究科 | 法政大学(大学院)の留学情報 ...

facebooktwitter

> > > イノベーション・マネジメント研究科

法政大学への留学をご検討されている方へ。JAPAN STUDY SUPPORTは、公益財団法人アジア学生文化協会と株式会社ベネッセコーポレーションが共同運営している外国人留学生向け日本留学情報サイトです。法政大学のイノベーション・マネジメント研究科や経済学研究科や法学研究科や政治学研究科や社会学研究科や経営学研究科や人文科学研究科や理工学研究科や人間社会研究科や情報科学研究科や国際日本学インスティテュートや法務研究科やデザイン工学研究科や国際文化研究科や政策創造研究科やスポーツ健康学研究科や総合理工学インスティテュート (IIST)等、研究科別の詳細情報も掲載していますので、法政大学に関する留学情報をお探しの方は是非ご利用下さい。その他、外国人留学生募集をしている約1,300校の大学・大学院・短大・専門学校情報も掲載しています。

大学院 東京都  / 私立

法政大学 | Hosei University

大学院案内ダウンロード

イノベーション・マネジメント研究科

研究科案内ダウンロード 願書ダウンロード

【The 3 Best Things About English MBA Programs in Tokyo】by Hosei University
http://www.im.i.hosei.ac.jp/gmba/topics/3-best-things-english-mba-programs-tokyo/

  • 入試情報
  • 研究科情報
  • 学生生活サポート
  • 施設案内
  • アクセス

研究科情報

法政大学グローバルMBAプログラム(GMBA)

法政大学経営大学院イノベーションマネジメント研究科に、新しくグローバルMBAプログラム(GMBA)が2015年9月に設置されました。
http://www.im.i.hosei.ac.jp/gmba/
1.5年コースに入学し、英語で日本のビジネス慣習、日本企業、日本の経営スタイルを学びます。
当研究科は創設以来、大企業のみならず日本の中小企業に精通した人材の育成に重点を置いています。グローバル化に対応して、従来の日本語で開講されているコース(平日開講の1年制MBAコースと社会人のための2年制MBAコース)に、英語で授業が行われるプログラムが加わります。
http://www.im.i.hosei.ac.jp/gmba/

イノベーションマネジメント専攻

イノベーション・マネジメント専攻は、時代のニーズに合わせてさまざまなプログラムを設定してきました。その中で、三つのコアとなる特徴を維持しています。
1. 中小企業の経営に強いこと
2. ITに強いMBAを育てること
3 .プロジェクト・メソッドによる実践的教育を行うこと
この中でプロジェクト・メソッドは当専攻の最大の特徴といえるもので、自らが選んだビジネスプラン、リサーチ、手法開発における目標の達成を一つのプロジェクトと位置づけ、講義科目で学んだ知識や思考方法を総動員して、主査の指導の下で研究を進めるものです。先人の研究や過去の事例から学ぶことも大切ですが、プロジェクト・メソッドでは、自らの未来のために現実を調べ尽くし、考え抜くことを要求しています。
また、アジア諸国を中心とする留学生たちも共に学んでおり、日本企業の経営の強み、弱みの認識を共有して、各々のプロジェクトに生かしています。
みなさんも私たちとともに、自らの志を実現するために、「誰のどのような課題をどのような方法で解決するのか」という問いに答えるプロジェクトに挑戦してみませんか。
http://www.im.i.hosei.ac.jp/

専攻一覧

法政大学グローバルMBAプログラムの特徴

1.日本のビジネスと経営が学べます。
日本国内のMBAプログラムで学習することにより、日本のビジネス慣習と経営スタイルを学びます。
日本の製造業、供給管理、マーケティングのシステム、さらには「おもてなし」の心やマンガ文化などに関する知識は、あなたの強みとなることでしょう。法政大学グローバルMBAプログラムのカリキュラムは、これらの日本のビジネスと企業に特に重点を置いています。
http://www.im.i.hosei.ac.jp/gmba/
2.インターンシップによってビジネス実務と社会学習の経験を得ます。
法政大学グローバルMBAプログラムには、インターンシップ・プロジェクトとリサーチ・フィールドワークという2つのフィールドワーク・プロジェクトが組み込まれています。インターンシップ・プロジェクトを行う事により、日本の民間企業や地方自治体における実務経験を得ることができます。
リサーチ・フィールドワークにおいては、学生自身の研究テーマに基づいて、フィールドワーク・プロジェクトを行います。これらは日本におけるビジネス実務の経験と社会学習の経験を蓄積できる貴重な機会です。
http://www.im.i.hosei.ac.jp/gmba/
3.無料のESOPプログラムによって、日本語能力を向上させるさらなる機会があります。
法政大学はすべてのグローバルMBAプログラムの学生に、日本語学習のプログラム(ESOP, Exchange Students from Overseas Program)を提供しています。追加料金を支払う必要はありません。日本語を学ぶことによって、英語と母国語の知識とともに、3言語を使用するビジネス・パーソンになることが可能です。このことは就職に際して大変に有利な点となるに違いありません。
日本語能力を向上させれば、日本語で開講されている他のMBAコースを受講することができます。
http://www.im.i.hosei.ac.jp/gmba/
4.法政大学グローバルMBAプログラムは留学生のために豊富な経済的支援を提供しています。
法政大学グローバルMBAプログラムは、学生ビサを持つ留学生に授業料の30%減免を提供しています。
その目的は、経済的な援助を必要としている留学生が法政大学グローバルMBAプログラムに参加することを促進することです。
http://www.im.i.hosei.ac.jp/gmba/

イノベーションマネジメント専攻の特徴

1. 日本初の1年制ビジネススクールと2年制ビジネススクールの併設
情報化とグローバル化が進み、ビジネスのスピードが求められる現在、短期化したビジネスの変革に対応するため、この大学院 は、日本で初めて1年制を設けました。さらに、働きながらじっくり学べる2年制も併設したビジネススクールであることが特徴の一つです。社会人にとって大きな費用は機会費用であり、エンプロアビリティを高めるビジネススクールです。
http://www.im.i.hosei.ac.jp/im/point/
2. ビジネス・イノベータの育成
これからの「知識基盤社会」では、個人のイノベーションが一人一人に強く要求されます。リスクを計算しながら、大胆な発想 と行動力によってビジネスのイノベーションを果たせる、真の意味での「企業家」を育むことが、我々の目標です。特に、高度情報化が進む中で、企業経営と IT戦略の両方を理解する人材がビジネスで最も求められています。この大学院は、「ビジネスへのITの戦略的活用」に厚いカリキュラムを特色としておりま す。
http://www.im.i.hosei.ac.jp/im/point/
3. 「プロジェクト」による革新的なビジネス構想力の養成
現実のビジネスでは、課題や新規事業に対して革新的な構想を構築できる能力が求められます。この大学院では机上の空論ではなく、現実のビジネス課題を解決するイノベーティブなビジネス・プランの構築等を修士論文に代わる成果として作成します。プロジェクト報告書の完成に向け て、基礎・専門・応用に分かれた講義科目が配置されています。また、複数の教員によって各々の学生のプロジェクトを指導する体制がとられています。
http://www.im.i.hosei.ac.jp/im/point/

最近見た学校の一覧


最近見た学校の一覧

学校を探す

先輩のメッセージ

日本に留学して1番良かったことは?