学部情報 | 工 | 東京理科大学の留学情報 | JPSS

学部情報 | 工 | 東京理科大学の留学情報 | JPSS

facebooktwitter
スカウト機能で合格したら奨学金のチャンス

> > >

東京理科大学への留学をご検討されている方へ。JAPAN STUDY SUPPORTは、公益財団法人アジア学生文化協会と株式会社ベネッセコーポレーションが共同運営している外国人留学生向け日本留学情報サイトです。東京理科大学の理 第一部学部や薬学部や工学部や理工学部や基礎工学部や経営学部等、学部別の詳細情報も掲載していますので、東京理科大学に関する留学情報をお探しの方は是非ご利用下さい。その他、外国人留学生募集をしている約1,300校の大学・大学院・短大・専門学校情報も掲載しています。

大学 東京都, 北海道, 千葉県  / 私立

東京理科大学 | Tokyo University of Science

大学案内ダウンロード
お問い合わせ

  • 入試情報
  • 学部情報
  • 学生生活サポート
  • 施設案内
  • アクセス

学部情報

最先端の科学技術につながる基礎力と応用力を持ち、 新たな発想に基づいて自ら課題を発見・解決していく人材の育成

工学部では、工学の分野の研究者・技術者・設計者に求められる学識・技術・研究方法を修得してもらうことを目的としています。同時に、学術的あるいは実務的課題を自ら発見・解決する能力を有し、社会に対する良識と責任意識を持つことができる人材の育成を目指しています。このような目的を達成するために、工学部の教育は、科学技術に関する各専門分野に応じた基礎的な知識をバラエティーに富んだ講義によって修得できるようにし、その知識を本物にするために、実験や実習を通してリアルワールドの体験とリンクさせ、4年間の学習の集大成である卒業研究へと導いていきます。もちろん、科学技術のみに偏ることなく、技術者に必要な幅広い知見や倫理感を持ち、国際的な視野に基づく発想、そして総合的な判断ができるような「人間としての力」を付けてもらうことも大切であると考え、幅広いカリキュラムを用意しています。

建築学科
学びの特徴

本学科のねらいは、建築学を通して社会に貢献できる人間を育てあげることです。特に、実務経験を通して大きく成長するために、技術者としての学問的な基盤をしっかりと与えることに重点を置いています。本学科での4年間で、実社会の日進月歩の技術革新に対応できる素地を育成していきます。教育スタッフはそれぞれの専門分野、学界で中心的に活躍している専任教員を揃えています。また、設計事務所等で活躍している建築家や専門研究者等を非常勤講師として迎え、最新のテーマについてのきめ細かい教育にも努めています。

工業化学科
学びの特徴

エレクトロニクスの材料、セラミックス、液晶、電池、燃料、プラスチック、繊維、ゴム、染料、塗料、香料、化粧品、界面活性剤など、現代生活に不可欠な様々な物質が工業化学の対象です。またこれらの物質、材料の製造に使う触媒の開発、生産プロセスの基礎となる化学工学も重要です。さらに、エネルギー、資源、環境など、人類の死活にかかわる問題に対しても、工業化学が果たす役割は大きいのです。例えばエネルギーの効率的な利用、廃棄物の排出の抑制、再資源化などの技術が工業化学によって生み出されます。本学科は、これらの分野で活躍する人材を養成するとともに、活発な研究活動も行っています。

電気工学科
学びの特徴

インタ-ネット、携帯電話などの通信技術は常に発展しています。身近な家電製品や産業機器にはコンピュ-タによる各種制御システムが組み込まれています。また、電力・エネルギ-もますます重要な問題となっています。電気工学科はこれらの通信、情報、制御、計測、電力・エネルギ-などの様々な分野に、それを支える材料・デバイスを加えた、広い分野の教育と研究を行っている学科です。このような先端的な技術分野は企画・計画、研究・開発、設計・製造、運用によって支えられており、各段階でソフト・ハ-ドの両面で活躍できる人材を育てることを目標としています。今なお電気工学は日進月歩の技術発展を遂げています。これに対応するためにも創造性豊かでチャレンジ精神に富んだ人材がますます望まれています。

情報工学科
学びの特徴

「情報を活かして未来のしくみをデザインする」力を養うことが、情報工学科の学びです。そのために、1・2年次には数学・物理及び情報工学の基礎を学び、3年次には、「ソーシャルデザイン」「データサイエンス」「ソフトウェアデザイン」「インテリジェントシステム」の4つの専門応用領域を全員がバランスよく学び、4年次には、研究室に所属して、それぞれの専門性を活かして卒業研究に取り組みます。卒業研究では、その過程を通して課題解決能力やコミュニケーション能力など、社会的能力を高めます。また、グローバル社会で通用する外国語能力を養えるような学びを用意していることも特徴です。

機械工学科
学びの特徴

エネルギー関連やアルミなど素材関連、コンピュータ、情報通信、食料、バイオテクノロジー、建設、商社、金融、証券など世のあらゆる産業と機械技術との関連は深く、機械技術者の活躍する分野は広大です。また、宇宙往還機、ロボット、未利用エネルギーの有効活用など最先端の技術の開発などには、機械技術者がその多くを担っています。機械工学を学んだ者が、現代および未来社会を支える基盤となることは間違いありません。 本学科は、実験、実習、製図などの“能動的科目”を多く組み込み、学生全員に機械工学の基礎、そして創造的な学力を習得し、信頼ある機械技術者に育成することを目標としています。

最近見た学校の一覧


最近見た学校の一覧

学校を探す

先輩のメッセージ

日本語をどのように学びましたか?