学部情報 | 理 第一部 | 東京理科大学の留学情報 | JPSS

学部情報 | 理 第一部 | 東京理科大学の留学情報 | JPSS

facebooktwitter
スカウト機能で合格したら奨学金のチャンス

> > > 理 第一部

東京理科大学への留学をご検討されている方へ。JAPAN STUDY SUPPORTは、公益財団法人アジア学生文化協会と株式会社ベネッセコーポレーションが共同運営している外国人留学生向け日本留学情報サイトです。東京理科大学の理 第一部学部や薬学部や工学部や理工学部や基礎工学部や経営学部等、学部別の詳細情報も掲載していますので、東京理科大学に関する留学情報をお探しの方は是非ご利用下さい。その他、外国人留学生募集をしている約1,300校の大学・大学院・短大・専門学校情報も掲載しています。

大学 東京都, 北海道, 千葉県  / 私立

東京理科大学 | Tokyo University of Science

大学案内ダウンロード
お問い合わせ

理 第一部

  • 入試情報
  • 学部情報
  • 学生生活サポート
  • 施設案内
  • アクセス

学部情報

これからの科学技術の創造を支える力の源泉として、 多方面に極めて多くの人材を輩出

理学部第一部は、本学の前身である1881年に創設された「東京物理学講習所」以来の「理学の普及」と、「東京物理学校」以来の伝統である「実力主義」を求める厳格な教育の実践を教育・研究の基本理念としています。理学とは、自然界に存在するさまざまな物質や諸現象について、それらの本質を見極めその背景にある法則を発見して自然に関する真理を探究する学問です。今日では工学、情報科学、薬学、生命科学さらには社会科学などの諸分野へ応用され、それぞれの分野の発展を支えています。本学の理学部第一部は基礎学問だけではなく、応用理学がバランスよく配置されているのが特徴です。そして、基礎系学科と応用系学科の連携は、教育面・研究面においても浸透しています。理学部第一部は、「十分な基礎学力の上に高度な専門知識を身に付け、豊かな教養に裏打ちされた強い倫理観と豊かな人間性を持った人材の育成」を教育目標に掲げています。

数学科
学びの特徴

大学の数学は高校までの数学と異なるといわれることがあります。数学に対するイメージは人により少しずつ違いますから、大学での数学が高校時代のイメージとは違っていたという人がいるのは仕方がないことです。しかし、まず何が数学の本質なのかということを考えてみてほしいと思います。数学という学問は、最終的に実験によって理論を検証する物理や化学と異なり、自分の頭で理論を検証する必要があります。そして、他人との議論には自分の考えを正確に相手に伝えるための表現力が必要になるのです。計算力があるだけでなく論理的思考が好きだという人には、本学科は絶好の勉強の場を提供することができます。

物理学科
学びの特徴

物理学の研究対象は、宇宙、地球、生物、固体、原子分子、原子核、素粒子など、自然の各階層に及びます。本学科では、現代物理学の基礎となる科目を学習した上で、現在発展している分野に関連して豊富に用意された選択科目の中から、個々の目標や興味に応じた科目を自由に履修することができます。4年次の卒業研究では、自ら選択した分野に取り組み、それまでに学んだ知識を統合して血肉化すると同時に、卒業後の進路を見定めることになります。また本学科では、1年次から、演習や実験にも力を入れています。教員とのディスカッションを通して、物理学を正確に理解するためのきめ細やかな指導が受けられます。

化学科
学びの特徴

化学の中でも、専門分野の細分化とともに、学問分野の総合化・学際化・国際化が大きな流れとなっています。幅広い基礎学力の育成と境界領域をどのように学ぶかがより重要であるという時代の要請のもと、基礎研究者・教育者を生み出すことを本学科の伝統的な目的の一つとしています。そこで、化学に必要な基礎学力の育成と同時に、境界領域の基礎も学べるようカリキュラムを編成しています。専門課程の前半には講義と同時間数の演習、各種テーマに関する実験・実習を行い、どのような新しい状況にも対応できるように努めています。後半には、それぞれの適性を伸ばすために多数の選択科目を用意し、社会で直ちに役立つ学力を養っています。

応用数学科
学びの特徴

本学科の教育の特色としては次の点が挙げられ、大学院までを考慮した教育体制により、多くの学生が本学の応用数学専攻に進学しています。

「統計数理」、「計算数理」、「情報数理」を柱とする充実した応用数学の専門教育。
統計数理・計算数理・情報数理の理論と応用、さらにはコンピュータを用いた実践的教育。
大学院(応用数学専攻)に直結したカリキュラム。
情報処理技術者、アクチュアリーなど実用的な資格の取得支援。
教育職員(数学・情報の免許状)養成のためのカリキュラムの充実。

応用物理学科
学びの特徴

物理学を実社会に応用するための土台となる力学・電磁気学・熱力学・統計力学・量子力学などの物理系基礎科目を身に付けた後、固体物理・エネルギー変換科学・脳科学などの専門科目を幅広く学びます。また、実践力を身に付けるための実験・演習・コンピュータ関連科目を豊富に開講し、(1) 量子物理系、(2) 数理・統計物理系、(3) 先端デバイス物理系の3系統の研究室が連関しながら、様々な最先端の研究と教育が行われています。

応用化学科
学びの特徴

理学部応用化学科の目的は、時代のニーズに応じた研究を自分自身の手で行おうとする優秀な研究者、技術者を育てることです。これからの時代、化学はたくさんの隣接する科学の領域と密接な関連をもち、同時に社会における様々な産業分野とも深い関りをもっていくことになると考えられています。したがって、これからの化学者・技術者は、理学の深い基礎知識をしっかりと身につけるとともに、化学者・技術者としての立場から、知識や技術をいかに社会に応用していくかということについて広い視野をもつことが重要であるというのが、学科の理念です。本学科のカリキュラムは、この理念に基づいて計画されています。

最近見た学校の一覧


最近見た学校の一覧

学校を探す

先輩のメッセージ

日本語をどのように学びましたか?