学部情報 | メディアコミュニケーション | 江戸川大学の留学情報 | JPSS

学部情報 | メディアコミュニケーション | 江戸川大学の留学情報 | JPSS

facebooktwitter
スカウト機能で合格したら奨学金のチャンス

> > > メディアコミュニケーション

江戸川大学への留学をご検討されている方へ。JAPAN STUDY SUPPORTは、公益財団法人アジア学生文化協会と株式会社ベネッセコーポレーションが共同運営している外国人留学生向け日本留学情報サイトです。江戸川大学のメディアコミュニケーション学部や社会学部等、学部別の詳細情報も掲載していますので、江戸川大学に関する留学情報をお探しの方は是非ご利用下さい。その他、外国人留学生募集をしている約1,300校の大学・大学院・短大・専門学校情報も掲載しています。

大学 千葉県  / 私立

江戸川大学 | Edogawa University

  • メディアコミュニケーション
  • 社会

メディアコミュニケーション

学部案内ダウンロード 願書ダウンロード
  • 入試情報
  • 学部情報
  • 学生生活サポート
  • 施設案内
  • アクセス

学部情報

社会人として活躍するために

メディアコミュニケーション学部のカリキュラムは、社会人として活躍するために必要な能力を身につけることができるように構成されています。初年次教育とキャリア教育を含めた基礎・教養教育、各学部学科の専門教育と少人数ゼミナール方式教育の3つを核とした教育を、4年間で段階的に受けることができます。

実業界出身の教員による実践的な教育

専門分野の研究者はもちろん、実業界出身の教員が講義を担当し、演習・実習ではグループワークによる実践的な活動を行います。学科独自の「演習」「実習」科目などにより、現場体験や具体的な課題研究に基づく問題意識を大切にし、理論と実践の両面から学びます。

社会科学と人文科学の両方の分野にまたがる幅広い専門教育

メディアコミュニケーション学部は、メディア(媒体)とコンテンツ(情報内容)を対象に研究する学部です。そのため、社会科学と人文科学の両方の分野にまたがる幅広い専門教育を行っています。社会科学に属する、メディアコミュニケーション学、マス・コミュニケーション学、新聞学、広報学、コミュニケーション学や、人文科学に属する語学、文学、その他、情報メディア学、教育学といった複合領域を対象にしています。メディアの特性を理解し、何をどう受けとめて・何をどう発信していくかを専門分野毎に学ぶことで、幅広い視野を獲得して、具体的な提案ができる力を育成します。

一人1台のノートパソコン貸与

入学時から4年間、ノートパソコンを全学生に貸与します。ヘルプデスクやメーカーの無料点検や修理窓口が学内にあり、ノートパソコンの不具合時や故障時のサポート体制も万全です。
また、キャンパス内では教室や屋外でもWi-Fiを無料で利用してインターネットに接続できます。

日本企業への就職支援

日本での就職を希望する留学生を対象にした就職支援を行っています。正規の課程で授業単位として認定される「キャリアデザイン講座」は、人間関係形成・社会形成能力、自己理解・自己管理能力、課題対応能力、キャリアプランニング能力を形成することができるプログラムです。また、キャリアセンターでは、マンツーマンで、学生一人ひとりの将来の目標や希望を確かめながら、それぞれの能力や適性にあわせた親身なサポートを行っています。
<留学生の就職実績>
ベース㈱、㈱NHKメディアテクノロジー、㈱あきんどスシロー、㈱パソナグループ、㈱清康社、ラオックス㈱、プレス工業㈱、㈱エイブル、ゼビオ㈱、㈱プレナス、㈱ニッテイ、㈱エム・オー・シー、日本セルフメディカル㈱、㈱IDOM、㈱コナポンコーポレーション、㈱アシイナ、ハーマンズ、㈱HNS、㈱東京デリカ、㈱アシイナ、㈱イー・ビジネス、二松学舎大学大学院進学、東京農工大学大学院進学 など

マス・コミュニケーション学科

マス・コミュニケーション学科

情報文化学科

情報文化学科

在籍留学生情報(年度)

2019
中国41
ベトナム22
スリランカ11
韓国4
台湾1
ミャンマー1
インド1
バングラデシュ1
マレーシア1
その他2
マス・コミュニケーション学科
企業やマスメディアの現場で活躍できるスペシャリストを育成

メディア学とコミュニケーション学を中心にしたカリキュラムで幅広いジャンルを学びます。興味と志向に応じてコミュニケーションビジネスコース、ジャーナリズムコース、エンターテインメントコースの3コースを選択し、専門的な学習と実習に取り組みます。

◎コミュニケーションビジネスコース
広告・広報やPR・イベントなど、さまざまなコミュニケーション手法について理解を深め、ビジネスとして展開するための知識とスキルを学びます。

◎ジャーナリズムコース
メディアを通じて世の中の姿を社会に伝える「ジャーナリズム」。その役割と課題について学びます。文字や映像、音声を通じて伝えるスキルも。

◎エンターテインメントコース
映画、演劇、テレビ番組、お笑い、漫画、アニメ……多様なコンテンツの制作とマネジメント(管理・運営)について学び、創造する力を身につけます。

情報文化学科
情報化・国際化に対応したスキルで活躍できるスペシャリストを育成

IT時代のコミュニケーション技術や表現の基礎を学び、情報化・国際化に対応したスキルを身につけ、企業で活躍できる人を目指します。
カリキュラムは、情報システムコース、情報デザインコース、国際コミュニケーションコースの3コース。

◎情報システムコース
情報システムとインターネットは、現代の人々のコミュニケーションを支えるとともに、ビジネスに欠かすことのできない基盤となっています。このコースでは、プログラミング、情報セキュリティやネットワーク技術について学び、システム開発などの実践的なスキルを磨きます。

◎情報デザインコース
インターネットは今や人々の生活やビジネスに浸透しています。多くの人が利用するICTは単なる情報交換のツールではありません。使いやすさや楽しむという要素も大切です。このコースではWebデザインやグラフィックデザイン、コンピュータグラフィックス(CG)などの技術を学び、実践的なスキルを身につけます。

◎国際コミュニケーションコース
さまざまなビジネスが国内外で展開され、多くの人々がグローバルに行き交っている現代、世界中の人とコミュニケーションできる人材が求められています。英語を読む・聴く・書く・話すスキルはもちろん、異なる文化を理解する広い視野を身につけます。さらに、グローバルな視点を通して国際関係やビジネスに関する見識を深めていきます。

最近見た学校の一覧


最近見た学校の一覧

学校を探す