学部情報 | 国際資源 | 秋田大学の留学情報 | JPSS

学部情報 | 国際資源 | 秋田大学の留学情報 | JPSS

FacebookInstagram
スカウト機能で合格したら奨学金のチャンス

> > > 国際資源

秋田大学への留学をご検討されている方へ。JAPAN STUDY SUPPORTは、公益財団法人アジア学生文化協会と株式会社ベネッセコーポレーションが共同運営している外国人留学生向け日本留学情報サイトです。秋田大学の国際資源学部や教育文化学部や医学部や理工学部等、学部別の詳細情報も掲載していますので、秋田大学に関する留学情報をお探しの方は是非ご利用下さい。その他、外国人留学生募集をしている約1,300校の大学・大学院・短大・専門学校情報も掲載しています。

大学 秋田県  / 国立

秋田大学 | Akita University

国際資源

  • 入試情報
  • 学部情報
  • 学生生活サポート
  • 施設案内
  • アクセス

学部情報

世界トップレベルの最先端資源学を文理融合教育で実施

世界を取り巻く資源探査・開発の諸問題解決には、科学技術の問題はもちろんのこと、それを取り巻く経済や政策などの文系分野を加えた観点からの幅広い戦略が求められています。国際資源学部は、世界トップレベルの資源地球科学と資源開発工学分野に、資源政策分野を加えた文理融合教育を特徴として、国内はもとより海外からの留学生も対象とした最先端資源学教育・研究を行います。


世界の資源学をリードする教授陣

秋田大学には、専門技術、国内外での人脈の蓄積を礎と した資源生成メカニズムの解明から資源探査、開発・生産 までを国内外で唯一体系的に一貫して学べる基盤があり ます。国際資源学部では、世界の第一線で活躍する研究者や技術者を結集し、資源学教育の国際拠点をめざします。

英語による専門教育と海外での資源学実習

国際資源学部では、外国人教員や留学生との交流、研究成果の国際学会での発表など、日常的に英語が行き交うグローバルな環境を提供します。1・2年次の英語特別教育プログラムで基礎力を養い、2年次以降の専門教育科目はすべて英語で行います。
また、海外の資源開発最前線で見られる様々な課題を理解し解決する実践能力を身に付けるため、約4週間海外で実習を行う「海外資源フィールドワーク」を全学生必修とし、4年次の卒業課題研究へつなげます。

授業の紹介~資源学実習~

秋田県内の資源に関連する施設、鉱山、油田、地質巡検、発電所、製錬所などのフィールドを実際に訪問し、資源の探査や開発、利用がどのようにされているかを実習する授業です。国際資源学部の1年生全員が2つのコースを選択して参加します。資源フィールドが豊富な秋田ならではの授業です。

資源政策コース

資源政策コース

資源地球科学コース

資源地球科学コース

資源開発環境コース

資源開発環境コース

資源政策コース(文系)
資源政策とマネジメントのスペシャリストを目指します

政治、経済、法といった社会科学から、文化、歴史、地理といった人文学まで、文系すなわち人文社会科学の分野から資源にアプローチする、日本では唯一のコース。1・2年次の英語特別カリキュラム「I-EAP」、2年次以降すべて英語で行われる専門教育、海外の現場で仲間と共に自分を磨くフィールドワーク、そして卒業課題研究を通じて、資源政策とマネジメントのスペシャリストになることができます。

資源地球科学コース(理系)
資源系技術者・研究者として国際的に活躍するための”資源学の最先端”を学びます

資源地球科学コースでは、様々な地学現象や地球の歴史、地球を構成する物質についての専門科目の履修を通じ、石油などの燃料資源、金やレアメタルなどの鉱物資源が「どこに」「どのようにして」生成するのかを学ぶとともに、それを自らの手で明らかにする能力を修得します。
 また、世界中の資源探査の現場や資源生成のフィールドでの実習を通じて資源学の最先端を学び、資源系技術者・研究者として国際的に活躍するための素養を身につけます。

資源開発環境コース(理系)
世界の資源・エネルギーを普遍的に扱うエンジニアを目指します

SDGsによって、我々は、資源・エネルギーの開発は「みんなのため」であり、かつ「クリーン」でなければならいことを再確認することになりました。このような崇高な理念のもと、ここ資源開発環境コースで学問・技術を学んだ学生たちが、世界に偏在する資源・エネルギーを人に害なく開発・生産し、世界に普遍的に流通させるエンジニアになって欲しいと願っています。

最近見た学校の一覧


最近見た学校の一覧

学校を探す