研究科情報 | 総合理工学研究科 | 東京都市大学(大学院)の留学情報 | JPSS

研究科情報 | 総合理工学研究科 | 東京都市大学(大学院)の留学情報 | JPSS

facebooktwitter
スカウト機能で合格したら奨学金のチャンス

> > > 総合理工学研究科

東京都市大学への留学をご検討されている方へ。JAPAN STUDY SUPPORTは、公益財団法人アジア学生文化協会と株式会社ベネッセコーポレーションが共同運営している外国人留学生向け日本留学情報サイトです。東京都市大学の総合理工学研究科や環境情報学研究科等、研究科別の詳細情報も掲載していますので、東京都市大学に関する留学情報をお探しの方は是非ご利用下さい。その他、外国人留学生募集をしている約1,300校の大学・大学院・短大・専門学校情報も掲載しています。

大学院 東京都, 神奈川県  / 私立

東京都市大学 | Tokyo City University

総合理工学研究科

  • 入試情報
  • 研究科情報
  • 学生生活サポート
  • 施設案内
  • アクセス

研究科情報

在籍留学生情報(年度)

2018
中国8
ネパール5
フランス3
バングラデシュ1
機械専攻

機械専攻では以下の項目を教育目標とする。

(1)工業製品やその生産が自然や人間社会に及ぼす影響について考慮するとともに、修得した専門知識を用いて、複合化した種々の技術的課題を解決する能力の育成

(2)自己の知性を継続して磨き、技術者・研究者としてのあるべき姿を模索しながら専門領域を深化させる能力の育成

(3)論理的に物事を考え、それを記述及び発言できる語学力を備えることにより、グローバル社会で活躍できるコミュニケーション能力の育成

そのため、基幹となる力学系の材料力学、機械力学、流体力学、 熱力学に、機械材料学、精密加工を加え、さらに電気・電子工学、制御工学等の複数の工学分野を横断した技術のインテグレーションを狙った領域で教育内容が構成されている。すなわち、現代の高度化・複雑化した技術開発に対応するため、俯瞰的な視野を持った創造的な研究・教育を重視している。

電気・化学専攻

電気・化学専攻は電気電子、医用、エネルギー化学の領域において、次世代エネルギー社会を視野に入れ、持続可能で進化する社会を構築するため、人類の生活に直接および間接的に関与する学術領域を担うものである。そのため、高度な専門知識と技術を修得し、これらの領域で活躍できる研究者・技術者を育成することを目標としている。

主な研究分野としては、電気電子を基盤とした安定なエネルギー供給と快適な暮らしを実現するための技術、電気、機械を基盤とした医用技術、エネルギー化学を基盤とした物質や材料、デバイス、システムについての教育・研究を行なっている。

情報専攻

情報専攻は、高度情報化社会を支える技術である情報工学およびシステム情報工学に関する教育・研究を行っている。本専攻は情報通信技術とその活用分野を主な教育・研究対象とし、情報科学、情報通信、経営システム、知能情報を統合した幅広い分野を扱っていることが特徴である。このため、関連した学部、学科と連携した上で、大学院における専門的な学問体系を構築している。

情報専攻では、上記のような幅広い分野の教育に対応するため、次の系列の科目を用意している。

制御システム工学、電子計算機工学、計算機ソフトウェア工学、画像工学、知能情報工学、通信システム工学、集積化システム工学、数理情報工学、経営システム工学、ヒューマン・メディア工学、ネットワーク情報工学、ビジョンシステム工学

建築・都市専攻

建築・都市専攻に係わる分野は工学だけではなく社会学、経済学、歴史学、生理学、生物学など多岐にわたる。特に近年の地球環境問題などに対応して専攻として取り組むべき内容やスケールが広がっている。こうした広範かつ多面的な視野を持ち、専門知識とスキルを修得できるような教育を目指す。

建築学領域では、建築計画、建築設計、住環境計画、建築構造学、建築材料工法、建築環境設備学といった分野に分かれて専門知識を学ぶ。

都市工学領域では構造安全工学、災害軽減工学、地盤環境工学、水圏環境工学、計画マネジメント、さらに社会人学生向けの社会基盤マネジメントといった分野に分かれて専門知識を学ぶ。

共同原子力専攻

共同原子力専攻は、原子力工学、原子力安全、そして放射線工学を主軸分野として、原子炉物理学、原子炉プラント工学、核燃料・材料工学、原子力安全工学、原子力耐震工学、核燃料サイクル工学、放射線計測工学、加速器工学といった原子力工学の基礎を成す幅広い領域を網羅する充実した教育カリキュラムと研究室体制を構成している。さらに王禅寺キャンパス原子力研究所において、今後の原子力技術の発展や応用に重要な加速器、バックエンド、廃止措置といった分野を重視した教育・研究環境を備えており、高い専門知識と実践力を身につけた原子力技術者・研究者を育むことを目標としている。

最近見た学校の一覧


最近見た学校の一覧

学校を探す