学部情報 | 国際教養 | 早稲田大学の留学情報 | JPSS

学部情報 | 国際教養 | 早稲田大学の留学情報 | JPSS

facebooktwitter

> > > 国際教養

早稲田大学への留学をご検討されている方へ。JAPAN STUDY SUPPORTは、公益財団法人アジア学生文化協会と株式会社ベネッセコーポレーションが共同運営している外国人留学生向け日本留学情報サイトです。早稲田大学の政治経済学部や基幹理工学部や社会科学部や国際教養学部や文化構想学部や創造理工学部や先進理工学部や法学部や文学部や教育学部や商学部や人間科学部やスポーツ科学部等、学部別の詳細情報も掲載していますので、早稲田大学に関する留学情報をお探しの方は是非ご利用下さい。その他、外国人留学生募集をしている約1,300校の大学・大学院・短大・専門学校情報も掲載しています。

大学 東京都  / 私立

早稲田大学 | Waseda University

大学案内ダウンロード

国際教養

【早稲田大学】大学院法学研究科、現代アジア・リージョン法LL.M.コース新設のお知らせ

1年で修士(先端法学)の学位が取得可能な法学研究科新英語プログラム≪現代アジア・リージョン法LL.M.コース≫新設に伴い、下記のとおり説明会を開催いたします。


日時 : 7/8(土)・7/15(土)
場所 : 早稲田キャンパス3号館 (最寄駅は東京メトロ東西線、早稲田駅となります)


詳細は下記ホームページよりご確認ください。
https://www.waseda.jp/folaw/glaw/4023/


皆様のご来場、お待ちしております。





【早稲田大学】帰国生入試・外国学生入試・渡日不要入試2018年度入試要項を公開しました


2018年度帰国生・外国学生・渡日不要入学試験要項を公開しました。
各入試のウェブサイトにてご覧ください。

帰国生入学試験
http://web.waseda.jp/admission/ujp/kikoku/#youkou

外国学生のための学部入学試験
http://web.waseda.jp/admission/ujp/gaikoku/#youkou

外国学生のための渡日を要さない学部入学試験
http://web.waseda.jp/admission/ujp/tonichifuyo/#youkou




皆様のご出願をお待ちしております。


問い合わせ先
早稲田大学 入学センター 国際アドミッションズ・オフィス
電話:+81-3-3204-9073 早稲田大学 入学センター 国際アドミッションズ・オフィス
E-mail:admission@list.waseda.jp

  • 入試情報
  • 学部情報
  • 学生生活サポート
  • 施設案内
  • アクセス

学部情報

考える力を養うリベラルアーツ教育

教養を重視し、さまざまな分野の科目を履修するリベラルアーツ教育を実践しています。多角的な視点を養い、論理的な思考力と分析力、実行力を身につけます。そのため、開講科目も特定の分野に偏ることはせずに、世界の最新情勢を包括する7つの分野にわたって幅広く設置し、学際的な学習を可能にしています。講義では単に知識を覚えるだけではなく、学生一人ひとりが物事を多元的に捉え、分析し、自ら考え抜く能力を身につけることに重点を置いています。

多様な文化が融合する国際的な環境

入学者の約3割は外国人留学生。その国籍はアジアをはじめとして、欧米やアフリカなど50ヶ国に及びます。さらに、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学、コロンビア大学、北京大学など、 世界のトップクラスの協定校から毎年約200-250名の交換留学生が集まります。授業では、国際機関や海外の大学で教えていた教員も一緒になり、英語を介して議論が行われます。

グローバル化に対応した語学教育

学部の共通言語は英語です。ほぼ全ての講義は英語で行われ、英語力強化を目指します。また日本語以外が母語の学生には日本語習得のためのプログラムを用意しています。他にも22の言語を学べるなど、グローバル社会に欠かせない言語能力を身につけられます。

1年間の海外留学が必修(日本語を母語とする学生)

より国際的な広い視野を身につけるために、日本語を母語とする学生には1年間の海外留学を必修としています(日本語以外を母語とする学生は任意)。世界各国の約400以上の大学等から留学先を選べます。

少人数教育

異文化間の交流を深め、多元的な視点と論理的思考を養うためには学生同士および学生と教員の議論が大切です。国際教養学部では、学生と教員の双方向の活発な対話と質疑応答ができる少人数教育を実現しています。講義課目については1クラス平均で学生60名~70名の規模で開講されています。また、1年次から全学期に演習(ゼミ)を設置し、演習においては学生と教員との比率を20:1を基本としています。

少人数教育をサポートするオフィスアワー(週2時間)の時間には、学生は直接研究室に出向き、個人的に教員に助言を求めることができます。さらに、専任教員がアカデミックアドバイザーとして学生一人ひとりにつき、履修・留学の計画、学生生活上での様々な問題について相談にのり、助言を行っています。

SILS独自のサポートシステム

・新入生サポートシステム
SILSには、在学生が主体となり、新入生が入学後すぐに学部の環境に馴染めるようサポートするシステム(SILS Sempai Project)があります。新入生オリエンテーション、キャンパスツアー、新入生歓迎会、科目登録相談会、メールによる相談など、きめ細かいサポート体制が充実しています。

・キャリアサポート
進路の決定にあたっては学内のキャリアセンターとSILS内にあるグローバルネットワークセンターが全面的にサポートします。入学後間もない段階から、進路について具体的に考えるキャリアガイダンスの機会を設けキャリア講座やインターンシップ、個別指導などを通じて一人ひとりのキャリアデザインを支援します。

早期卒業制度

SILSでは、入学後の成績優秀者(各学年全学生の上位10%)をDean's Listとして表彰しています。特に成績が秀逸な方は、早期卒業制度として3年半での卒業も可能です。

世界中から集う仲間たち-SILSは、まさに「地球社会の縮図」

世界中から集う仲間たち-SILSは、まさに「地球社会の縮図」

最近見た学校の一覧


最近見た学校の一覧

学校を探す