8. 留学生のための試験 | 日本留学はじめの一歩 | 留学情報サイトJPSS

8. 留学生のための試験 | 日本留学はじめの一歩 | 留学情報サイトJPSS

facebooktwitter

> > > > 留学生のための試験

日本留学はじめの一歩

留学生のための試験

Share:

  • QQ
  • weibo
  • twitter
  • facebook
  • wechat

留学生のための特別選考

日本のほとんどの大学学部・大学院・専門学校の入学試験では、日本人受験者のための一般入試の他に、外国人留学生のための特別選考が行われています。外国人留学生のための特別選考は、出題や回答にあたって日本語の点で配慮されたり、入試科目が軽減されたりしています。外国人留学生のみなさんは、この特別選考を受験するのがよいでしょう。

特別試験の内容

ほとんどの短期大学、大学学部、大学院、専門学校の入試には、留学生のための特別選考があります。特別選考の内容は次のようなものです。
 ○日本留学試験
 ○日本語能力試験
 ○TOEFLなど
 ○筆記試験
 ○小論文(日本語)
 ○面接
学校ごとにこれらのいくつかを組み合わせて入学試験を行っています。どの学校でどんな入学試験が実施されているかについては、このホームページの各学校案内を参照してください。

日本留学試験

大学学部の入学試験においては、国立大学法人の98%、公立大学の61%が、日本留学試験の受験を義務づけています。私立大学でも52%が日本留学試験の受験を必要としています。日本留学試験を受験していないと学校選択の幅が狭くなりますので、必ず受験しましょう。
日本留学試験は、毎年6月と11月の年2回実施されます。日本国内の他、アジアのいくつかの国でも実施されています。

日本留学試験の実施地

日本留学試験は以下の都道府県ならびに海外の都市で行われています。
<国内> 北海道・宮城県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・石川県又は福井県・静岡県・愛知県・京都府又は滋賀県・大阪府・兵庫県・岡山県又は広島県・福岡県・沖縄県
<国外> インド(ニューデリー)、インドネシア(ジャカルタ、スラバヤ)、韓国(ソウル、プサン)、 シンガポール、スリランカ(コロンボ)、タイ(バンコク)、台湾(台北)、フィリピン(マニラ)、ベトナム(ハノイ、ホーチミン)、 香港、マレーシア(クアラルンプール)、ミャンマー(ヤンゴン)、モンゴル(ウランバートル)、ロシア(ウラジオストク)

日本留学試験の受験科目と受験料

以下の科目から受験希望の大学等が指定する受験科目を選択して受験します。
1. 日本語 125分 450点、
2. 理科(物理・化学・生物) 80分 200点または総合科目 80分 200点
3. 数学コース1(文科系)またはコース2(理科系)  80分 200点
理科と総合科目を同時に選択することはできません。また、理科を選択する場合は物理・化学・生物の中から2科目を選択します。
受験料は、国内実施の場合、1科目6,130円で、2科目以上は12,260円(いずれも税込、受験票と成績通知の郵送料を除く)です。国外実施の受験料については、以下のホームページを見て下さい。
http://www.jasso.go.jp/ryugaku/study_j/eju/examinee/contact/index.html 

日本留学試験の指定科目

おおざっぱに言って文科系の学部・学科では日本語、総合科目および数学コース1の受験を求めています。理科系の学部・学科では、日本語、数学コース2および理科2科目の受験を求めています。この他の組み合わせを選択しているところもありますので、このホームページで学校・学部・学科ごとに検索して確かめておきましょう。

英語の試験

英語の科目を受験者に課さない学部・学科もあります。
英語の受験が必要な学部・学科には、大学独自の英語の試験問題を作成して実施しているところと、次のような英語試験の成績提出を求めるところとがあります。
TOEFL、TOEIC、IELTS、Cambridge ESOL

日本語能力試験

2001年までは日本語能力試験の1級または2級の成績の提出を求める大学や専門学校が多かったのですが、2002年から日本留学試験が実施されたため、日本語能力試験を入学試験に用いるところは少なくなりました。それでも、いくつかの大学院や専門学校では、日本語能力試験の成績を求める場合があります。
日本語能力試験は、7月と12月に実施されています。願書は、第一回(7月)3月下旬、第二回(12月)9月から日本全国の主要書店で発売されます。願書の値段は500円です。受験料は5,500円で、出願の締め切りは、第一回(7月)4月30日、第二回(12月)10月1日です。日本国内では次の各都道府県で受験できます。
北海道、青森県、秋田県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、福井県、石川県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、島根県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県(2016年現在)
インターネットで申し込むこともできます。国内実施については、以下のホームページに詳しい情報があります。
http://info.jees-jlpt.jp/
日本語能力試験は海外でも実施されています。以下に詳しい情報があります。
http://www.jlpt.jp/application/overseas_list.html

<< Back  |  Index Page  |  Next >>

Share

  • QQ
  • weibo
  • twitter
  • facebook
  • wechat

奨学金案内