研究科情報 | 環境生命科学研究科 | 岡山大学(大学院)の留学情報 | JPSS

> > > 環境生命科学研究科

岡山大学への留学をご検討されている方へ。JAPAN STUDY SUPPORTは、公益財団法人アジア学生文化協会と株式会社ベネッセコーポレーションが共同運営している外国人留学生向け日本留学情報サイトです。岡山大学の社会文化科学研究科や自然科学研究科や医歯薬学総合研究科や環境生命科学研究科や教育学研究科や保健学研究科や法務研究科等、研究科別の詳細情報も掲載していますので、岡山大学に関する留学情報をお探しの方は是非ご利用下さい。その他、外国人留学生募集をしている約1,300校の大学・大学院・短大・専門学校情報も掲載しています。

大学院 / 岡山県 / 国立

岡山大学 | Okayama University

緑あふれる広大なキャンパス

岡山大学は、全国有数を誇る広大なキャンパスに、11学部と人文社会学系、自然科学系、環境学系、生命(医療)学系、ならびに教育学系の充実した大学院を擁し、学部生と大学院生合わせて約13,400人に加え、世界各地から集まった約500人の留学生、ならびに約2,600人の教職員が在籍する全国屈指の総合大学です。

環境生命科学研究科

  • 入試情報
  • 研究科情報
  • 施設案内
  • アクセス

研究科情報

環境生命科学研究科について

環境生命科学研究科は、環境問題と食料問題を国家レベル・世界レベルの問題として捉えた新しい学問体系の構築を目指して、環境学研究科が取り組んできた都市および農村における生命環境の安全と安心を保証する循環型社会形成をリードできる人材の育成課程に食料生産への目配りを加えて高度化するとともに、人類社会の持続的発展において喫緊の課題である食料の安全保障に環境保全・廃棄物処理を含めることで、「環境」と「食料」を横断した学際的かつ国際的な視野と高度の専門的能力を有する人材育成を進め、社会の要請に応えます。
http://www.gels.okayama-u.ac.jp/
http://www.gels.okayama-u.ac.jp/index_e.html

社会基盤環境学専攻(博士前期課程)

本専攻では、人間活動の主要な舞台である都市と農村を対象として、社会経済活動とそれを支える開発が環境に及ぼす影響を明らかにするとともに、環境と調和した持続可能な地域社会を実現していくための社会基盤と空間の創出、また、食料生産に欠かせない大気、水、土壌、生物等の資源の持続的利用や循環の維持管理に関する計画と技術について教育研究を行います。
http://www.gels.okayama-u.ac.jp/profile/mc/senkou_shakai.html
http://www.gels.okayama-u.ac.jp/en/intro/division/social_e.html

生命環境学専攻(博士前期課程)

本専攻では、生物学的視点から循環型社会を考究します。ヒトを含めた生物環境を構成する生態系の生物多様性を保全し、かつ豊かにすることを目的として、食や環境とヒトの健康や安全・安心な社会を構築するための科学について、農学、統計学、医学を含めた学際的視点から教育研究を行います。
http://www.gels.okayama-u.ac.jp/profile/mc/senkou_seimei.html
http://www.gels.okayama-u.ac.jp/en/intro/division/biohuman_e.html

資源循環学専攻(博士前期課程)

本専攻では、現在社会が最も強く求めている、環境負荷を小さくし、資源の枯渇を抑制できる持続可能な社会の構築を目的として、物質・資源のリサイクル促進、廃棄物の最適管理、より安全で適切な最終処分法の開発等に関するマネジメントの確立、資源枯渇の回避のための物質エネルギーの有効利用・変換技術の開発、グリーンケミストリー技術の開発、さらには環境汚染物質排出抑制技術の開発等について教育研究を行います。
http://www.gels.okayama-u.ac.jp/profile/mc/senkou_shigen.html
http://www.gels.okayama-u.ac.jp/en/intro/division/resource_e.html

生物資源科学専攻(博士前期課程)

本専攻では、食に関係する細胞・遺伝子・化合物などを扱うミクロなサイエンス分野に特化した研究、すなわち物質レベルから食に関わる現象を理解する研究や環境ストレス下での資源植物の研究を行うとともに、それらに関係する分野の最先端教育を実施します。その際、人類の持続的発展のために不可欠な環境維持を前提とする食研究を通した教育研究を行います。
http://www.gels.okayama-u.ac.jp/profile/mc/senkou_bioshigen.html
http://www.gels.okayama-u.ac.jp/en/intro/division/bioreso.html

生物生産科学専攻(博士前期課程)

本専攻では、21世紀に求められる動物(家畜)と植物(作物)の効果的な利用研究に焦点を当て、生物個体を扱うマクロなサイエンスと細胞・遺伝子・化合物などを扱うミクロなサイエンスを融合させた食の生産に関する最先端の教育研究を行います。
http://www.gels.okayama-u.ac.jp/profile/mc/senkou_bioseibutsu.html
http://www.gels.okayama-u.ac.jp/en/intro/division/bio-pro.html

環境科学専攻(博士後期課程)

環境科学専攻では、都市・地域から地球全体に至る様々な環境問題に対処していくため、これまでの自然科学、社会科学、人文科学および医学の各分野で分散して形成されてきた環境分野の学問を「文理医融合」の理念の下で再構築し、持続可能かつ安全・安心な社会実現に貢献するための「環境学」として体系化することを教育・研究の基本目的とします。具体的には、「循環型社会構築」を共通の学問理念としながら、高度な専門的視点から環境分野の課題を考究するために、「社会基盤環境学」、「生命環境学」、「循環資源学」の各分野における高度専門知識を教授するとともに、従来社会基盤環境学専攻、生命環境学専攻及び資源循環学専攻の3専攻に分かれていた博士後期課程を「環境科学専攻」の1専攻にまとめることで、分野横断的な学際的・総合的カリキュラムを設定します。
http://www.gels.okayama-u.ac.jp/profile/dc/senkou_kankyo.html
http://www.gels.okayama-u.ac.jp/en/intro/division/environ_e.html

農生命科学専攻(博士後期課程)

本専攻では、植物(作物)と動物(家畜)を人間の食の根源として考え、21世紀の現在に合ったその効果的な利用研究に焦点を当て、生物個体を扱うマクロなサイエンスと細胞・遺伝子・化合物などを扱うミクロなサイエンスを融合させた教育研究、すなわち個体レベルで行われる食の生産に関する最先端の教育研究を目指します。その際には、現在世界中で要望されている「環境に配慮した持続可能な食料生産」の視点を組み込み、グローバルな教育研究を行います。
http://www.gels.okayama-u.ac.jp/profile/dc/senkou_nouseimei.html
http://www.gels.okayama-u.ac.jp/en/intro/division/aglife_e.html



最近見た学校の一覧

学校を探す


研究科情報 | 環境生命科学研究科 | 岡山大学(大学院)の留学情報ページです。JAPAN STUDY SUPPORTでは、学校の特色や入試情報、学部一覧、施設案内の情報を掲載しております。大学情報だけでなく、外国人留学生向けの試験情報や留学情報も掲載しておりますのでぜひご活用下さい。

【学問から留学先を探す】

[文系の学問が学べる留学先を探す]

| 文学 | 語学 | 法学 | 経済・経営・商学 | 社会学 |
| 国際関係学
|

[理系の学問が学べる留学先を探す]

| 看護・保健学 | 医・歯学 | 薬学 | 理学 |
| 工学
| 農・水産学 |

[文理系の学問が学べる留学先を探す]

| 教員養成・教育学 | 生活科学 | 芸術学 | 総合科学 |

【言語選択】

| English | 中文(简体字) | 中文(繁體字) | 한국어 | Tiếng Việt | Bahasa Indonesia | ภาษาไทย |

サイト運営者
当サイトは(公財)アジア学生文化協会と(株)ベネッセコーポレーションが共同運営をしております。
公益財団法人アジア学生文化協会 国際教育支援事業部 〒113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13

Copyright(C) 1999-2016 The Asian Students Cultural Association & Benesse Corporation. All Right Reserved.

お問い合わせ