施設案内 | 環境生命科学研究科 | 岡山大学(大学院)の留学情報 | JPSS

施設案内 | 環境生命科学研究科 | 岡山大学(大学院)の留学情報 | JPSS

facebooktwitter

> > > 環境生命科学研究科

岡山大学への留学をご検討されている方へ。JAPAN STUDY SUPPORTは、公益財団法人アジア学生文化協会と株式会社ベネッセコーポレーションが共同運営している外国人留学生向け日本留学情報サイトです。岡山大学の社会文化科学研究科や自然科学研究科や医歯薬学総合研究科や環境生命科学研究科や教育学研究科や保健学研究科や法務研究科等、研究科別の詳細情報も掲載していますので、岡山大学に関する留学情報をお探しの方は是非ご利用下さい。その他、外国人留学生募集をしている約1,300校の大学・大学院・短大・専門学校情報も掲載しています。

大学院 岡山県  / 国立

岡山大学 | Okayama University

環境生命科学研究科

  • 入試情報
  • 研究科情報
  • 施設案内
  • アクセス

施設案内

資源植物科学研究所

当研究所は大正3年、大原孫三郎氏によって農業の研究とその応用による農事の改良を目的として設立された財団法人大原農業研究所を前身としており、昭和26−27年に岡山大学に移管された。その後、農業生物研究所を経て、昭和63年資源生物科学研究所と改組、改称された。
平成21年6月、文部科学省に“ 植物遺伝資源・ストレス科学研究拠点” として認定されたのを受け、平成22年4月からは「資源植物科学研究所」と改組し、植物ストレス科学共同研究コア、次世代作物共同研究コアと大麦・野生植物資源研究センターのもと、5つの研究ユニット(大気環境ストレス、土壌環境ストレス、環境生物ストレス、遺伝資源、ゲノム育種)を置き、国内外の研究者と連携し、劣悪環境でも生育可能な作物の創出に向けた基礎研究を推進している。
http://www.rib.okayama-u.ac.jp/index-j.html
http://www.rib.okayama-u.ac.jp/index.html

廃棄物マネジメント研究センター

当センターは、廃棄物マネジメント学分野における新たな研究開発の推進、国内の廃棄物管理・環境技術評価の専門家の養成及び産学官との地域連携による技術協力や情報の提供を目的として、平成17年4月に設置された。学内廃棄物教育、地域循環3R研究、アジア廃棄物研究を3本柱として、日本およびアジア・太平洋諸国の循環型社会を支える廃棄物マネジメントのあり方について総合的に考究している。
http://ambiente.okayama-u.ac.jp/management/index.html
http://ambiente.okayama-u.ac.jp/management/index_e.html

環境管理センター

当センターは、岡山大学における環境保全及び環境安全に関する専門的業務を一体的に行い、本学の環境マネジメント及び労働安全の充実を図ることを目的として設置されている。排水監視、有害廃液を含む廃棄物管理、環境マネジメントなどの環境管理業務、職場や実験室等の化学物質等の安全管理業務とそれらに関する教育研究を行っている。
http://www.okayama-u.ac.jp/user/emc/index.html

最近見た学校の一覧


最近見た学校の一覧

学校を探す