研究科情報 | 理工学研究科 | 明治大学(大学院)の留学情報 | JPSS

研究科情報 | 理工学研究科 | 明治大学(大学院)の留学情報 | JPSS

facebooktwitter
スカウト機能で合格したら奨学金のチャンス

> > > 理工学研究科

明治大学への留学をご検討されている方へ。JAPAN STUDY SUPPORTは、公益財団法人アジア学生文化協会と株式会社ベネッセコーポレーションが共同運営している外国人留学生向け日本留学情報サイトです。明治大学の理工学研究科や法学研究科や商学研究科や政治経済学研究科や経営学研究科や文学研究科や農学研究科や法務研究科や会計専門職研究科やガバナンス研究科やグローバル・ビジネス研究科や情報コミュニケーション研究科や教養デザイン研究科や先端数理科学研究科や国際日本学研究科やグローバル・ガバナンス研究科等、研究科別の詳細情報も掲載していますので、明治大学に関する留学情報をお探しの方は是非ご利用下さい。その他、外国人留学生募集をしている約1,300校の大学・大学院・短大・専門学校情報も掲載しています。

大学院 東京都, 神奈川県  / 私立

明治大学 | Meiji University

大学院案内ダウンロード

理工学研究科

研究科案内ダウンロード Web出願
  • 入試情報
  • 研究科情報
  • 学生生活サポート
  • 施設案内
  • アクセス

研究科情報

高いデザイン能力を有する高度専門技術者の育成

 理工学研究科では、自然の法則と数理の構造を理解し、その知見を応用して人類の継続的な発展と幸福に貢献する、人間性豊かな研究者と高度専門職業人の育成を目標としています。各専攻に設置された科目を通して専門的な学力の習得を図るとともに、全専攻に共通する広域的なテーマや学際領域に関わる授業科目をバランスよく配置し、理工学の専門的な知識のみならず、科学技術を社会との関わりの中で捉える広い視野と、境界領域や新しい分野をも開拓しうる柔軟性を育成します。

充実した研究環境

 また、連携大学院制度の導入、他大学との単位互換協定への参画など、実社会や他大学院学生との交流も積極的に行っています。国内外の学会参加の費用補助やTA、RA、助手への採用の制度、その他奨学金制度等経済的支援も整っており、積極的に研究を行おうと考える大学院生にとって、充実した研究生活を送ることができる環境が用意されています。意欲ある多くの皆さんが理工学研究科に入学してくることを期待しています。

建築学専攻国際プロフェッショナルコースにおける討論の様子

建築学専攻国際プロフェッショナルコースにおける討論の様子

X線光電子分光装置

X線光電子分光装置

超精密計測・評価システム

超精密計測・評価システム

建築学専攻 建築・都市デザイン 国際プロフェッショナルコース
国境のない建築家へ 世界を体感する、明治大学の新しい取り組み

http://meiji-architecture.net/iaud/
[国際プロフェッショナルコース開講の趣旨]

都市や建築分野における教育・研究・実務の領域では、国を超えた共通の課題や地域に根ざした固有の問題などを解決するために、国際的視野に立った高度専門家の育成が緊急の課題となっています。
一方、近年、グローバルな経済変動の中で国内建築業界は長期停滞傾向にさらされ、今後ますます海外進出を視野に入れた建築技術者の養成が求められています。明治大学理工学研究科建築学専攻では、2013年より、新たに国際的に活躍できる専門家を育成する「国際プロフェッショナルコース」を開設し、グローバル社会への対応と、多国籍学生を対象にした教育の多様化をはかります。


[建築・都市デザイン教育で世界をつなぐ]

日本から世界へ・世界から日本へ
[グローバルに活躍できる人材]の育成

□ サステイナブルな低炭素社会の実現に向けた学際的視野の獲得
□ 世界的都市問題と地域固有の問題に対応した多角的な視野の育成
□ マーケットのグローバル化に対応した東アジア・環太平洋地域との連携


建築・都市デザイン分野における
日本で初めての完全英語教育と学際的教育の実施

□ ワークショップ・ディスカッション重視の欧米スタジオ形式のインタラクティブ指導の実践
□ 欧米・アジアの建築・都市デザイン分野の大学との連携による多様な学習スタイルの提供
□ JABEEおよびUNESCO/UIA認定プログラムによる国際的通用性のある建築教育プログラムの提供


知的プラットフォームの構築による
国内外での多様な就業・実務機会の提供

□ 海外建築・都市デザイン事務所との連携による就業支援プログラムの提供
□ 海外大学との連携による留学機会の提供
□ グローバルなネットワークの構築とコミュニケーション能力のスキルアップによる多様な就業・実務機会の創出

電気工学専攻
電気電子生命学の領域における高度な専門技術者、教育分野の指導者を育成する

http://www.meiji.ac.jp/sst/grad/curriculum/ee/ee.html
電気工学専攻では、電気工学の専門知識を土台に電気工学にかかわる特修科目を習得し、科学的センスと創造性を身につけた高度に専門性の高い技術者として広い分野において指導的立場で活躍が期待できる「個」の確立した人材の育成を目指します。幅広い視野に立って電気工学を土台に理学、工学を融合した高度に専門性の高い研究・教育を行い、多様化と専門化が求められている現状に即した電気工学系研究者・技術者を養成します。

機械工学専攻
機械基礎・機械工学・機械システム工学等の幅広い分野で活躍する国際性豊かな技術者を育成する

http://www.meiji.ac.jp/sst/grad/curriculum/mech/mech.html
機械工学専攻では、研究・技術分野毎にグループ構成された主要科目と専門性の高い特論科目及び境界領域科目を設置することにより、実務的教育を重点的に実施し、豊かな人間性を図ります。これにより、使命感と倫理観を持ち、広い教養と高度な技術を身につけ、社会の要請・問題点を自分で発見し、解決する能力を備えた高度技術者及び研究者の養成を目指します。

建築学専攻
科学・技術と自然・環境の投げかける問題に対応する建築学を構築し、建築をデザインできる人材を育成する

http://www.meiji.ac.jp/sst/grad/curriculum/arch/arch.html
建築学専攻では、博士前期課程で創造性豊かな高度専門職業人の育成を目標とし、建築学全般に対する柔軟な発想と特定分野における専門性を有し、かつ、国際性豊かな人材を育てるべく教育・研究指導を実践します。さらに、国際プロフェッショナルコースは、国際的視野に立って総合的かつ実践的に課題に対処できるプロフェッショナルの育成を目指しており、国際的通用性のある高度専門教育を行います。また、博士後期課程では、博士前期課程で培った専門性を一層高め、独創性を持ち、かつ、高度で先端的な研究・開発を実行し、実社会で指導的な役割を担う研究者・教育者の育成を目指します。

応用化学専攻
今後の自然科学の予測しがたい展開にも対応でき、化学および化学工業の将来を担う人材を育成する

http://www.meiji.ac.jp/sst/grad/curriculum/chem/chem.html
応用化学専攻では、基礎から高度な応用まで幅広い視野と独創性を持った科学者・技術者の育成を教育目的とします。境界領域を含めた化学の基礎から応用までを対象領域とし、理学的及び工学的な両面を併せ持つ特色ある研究と教育を行います。カリキュラムは、化学産業のニーズに即戦力として応えうる応用技術研究のみならす、基礎科学も含めた広汎な分野を網羅しており、将来の科学技術の発展を担いうる斬新で柔軟な発想を持つ人材の育成を目指します。

基礎理工学専攻
情報科学系・数学系・物理学系の結合した分野を通じ、創造性と柔軟性に富んだ人材を育成する

http://www.meiji.ac.jp/sst/grad/curriculum/basic/basic.html
基礎理工学専攻では、自然の法則と数理を根本原理から理解し、それを工学の諸分野に応用する素養を持った高度職業人及び研究者の育成を目指します。

新領域創造専攻
安全学系・ディジタルコンテンツ系の分野を通じ、幅広い分野で科学の発展と社会に貢献できる人材を育成する

http://www.meiji.ac.jp/sst/grad/curriculum/frontier/frontier.html
新領域創造専攻では、文理融合・領域横断型の基礎知識を身につけた上で、各系において専門知識を習得させ、多様化・複雑化・高度化が進展する社会の既存分野または未踏分野において活躍できる高度職業人及び研究者を育成・輩出することを目的とします。

最近見た学校の一覧


最近見た学校の一覧

学校を探す

先輩のメッセージ

日本に留学して1番良かったことは?